<広告>

<広告>

今日は七夕☆子どもたちは初めての『ろうそくもらい』で、お菓子ゲット

北海道では8月7日が七夕のところと、7月7日が七夕のところがありますが、引っ越してきた今のところでは7月の方です。

そしてここでは、七夕の夜の『ろうそくもらい』という風習がありました。


子どもたちは今年初のろうそくもらい。

私も自分の小学生の頃に、ろうそくもらいの行われる地域に住んでいた時期があって、家々を回った経験はあります。

が、もうウン十年も前のことで、今はちょっと様子も違っている感じ。


今と昔、変わったところは・・・

クリックで応援してね☆
にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ 


ろうそく


私の経験したよりももっと昔は、その名の通り「ろうそく」をもらい歩く行事だったようです。

それが私の子どもの頃には「ろうそく1本」と「飴玉1個」をくれる家が多かったですね。

時々「うまい棒」や「10円ガム」をくれるところ、お店だと「鉛筆1本」とか「消しゴム1個」なんてところもあって、友達との情報交換によりそういった珍しいものをくれるところには子どもたちが殺到していました。


今はと言うと、「ろうそく」をくれる家はもうありません。

「うまい棒」はごくごく一般的なお菓子となっていて、飴は1個単位でなく別のお菓子と合わせて袋詰めされていたりします。

本当に様々な種類のお菓子を用意される家が多いみたいですね。

少子化で、子どもが少なくなっていることもあるのでしょうね。お年寄りの中には、毎年この行事を楽しみにしているという方もいらっしゃるようです。

普段、子どもたちの姿をあまり見かけない住宅地にも、この日は集団で歩く子どもたちが現れますから^^


さて、今日は私も子どもたちと一緒に歩いてきたのですが、結構遠くまで行ったので疲れたけれど、楽しかったです♪

歌を歌って、お菓子をもらって、お礼を言って・・・。そんなちょっとしたコミュニケーションですが、何だかお菓子を用意してくれた方の気持ちが伝わって、心が温かくなりました(^^)


うちでもお菓子は用意して行きました。家には誰もいないので、箱にお菓子を入れて玄関先に置いておき、「好きなものを選んで1つ取ってね。」とメッセージを残しました。

もちろん笹飾りを玄関先に出しておきます。学校から七夕に関するお便りが出ていて約束ごとが書かれているのですが、その中の一つに「七夕飾りの出ていない家には行かない。」という決まりがあるので。

他にも、時間や人数などの決まりごとがあり、「留守の家では、決められた数だけもらいましょう。」というものもありました。

低学年のうちは親か高学年と一緒に回らなくてはならなので、家に誰もいなくなるご家庭も多いみたいです。

それで、玄関先に箱を出しておいて、「1個どうぞ。」とか書かれているんです。


その箱の置かれた玄関先で歌を歌って、箱から一つお菓子をもらって行く。というのが当たり前のように行われていました。

もしかしたら2個もらっちゃう子もいないことはないかもしれませんが(笑)


うちも無人でしたが、家に帰ってみたら箱に入れたお菓子は結構残っていましたよ。一応50個用意して行ったのですが、半分くらい残っていました。

住宅地の中では、用事のない人はあまり来ないような場所なので、来る子も少ないかもとは聞いていましたが、やっぱりあまり来なかったみたい。

来年はもうちょっと減らしてもいいかも。。


初めての七夕でのろうそくもらいは、子どもたちがそれぞれ持っていた袋いっぱいにお菓子をもらって、満足そうに家へ帰りました(^^)

当分、お菓子は買わなくてもよさそうです^^

応援ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ 

<広告>
<広告>

コメントを残す




CAPTCHA