<広告>

<広告>

掃除を毎日することができなかった、自己嫌悪の日々を思い出す

多分、主婦はみんな毎日しているはずの掃除ができない。

そんな自己嫌悪な日々を送っていた頃がありました。あの頃の生活を思い返すと、今はずいぶん楽になったなあ~と実感することがあります。


「子どもが何人いても、忙しくても、毎日の掃除を欠かさない」というスーパーお母さんも中にはいるかもしれませんけど、子どもが多かったり小さかったりすると、気力も体力も奪われて、手抜きしなければやってられない状態になること、ありますよね(*^^*)

何を手抜きするかは人それぞれ。子育て主婦のすることはたくさんありますからね。


思い出しては苦笑いしてしまう、「ある出来事」があります。

まだ子どもが2人の時。上が3歳、下が1歳くらいで子どもたちを誰かに預けてどこかに行くなんてほとんどできなかった時期でしたが、その日はめずらしく美容院でカットしている最中でした。

美容師さんと掃除についての話しになったんです。


☆☆☆お好きなバナーをクリックして、応援してもらえたら感激です☆☆☆
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ 


掃除

その美容師さんもお子さんが2人いて、うちの子たちと同じくらいの年齢でした。

そんな時は子育ての話に花が咲きます。

美容師さんは保育園にお子さんを預けていたようですが、仕事を持ちながら子育てするのって時間にも追われるし大変です。


「なかなか掃除もできませんよね~。」という話になったので、私が「そうそう。全然掃除機もかけられないですねぇ。」と言おうとしたのに、口から出たのは「全然掃除機もかけてないですねぇ。」

掃除機が「かけられない」と「かけてない」の違いは大きく(笑)、美容師さんは目を真ん丸にして、「・・・・・・ですよねぇ~。」と話を合わせていました(^^;)


実際、その頃は掃除機をかけるにはかなりの気合が要りました。

家のモノが多くて片付いていなかったため、掃除機をかけるためにはモノをよけながらしなくてはなりません。それはやっぱり大きな理由でしたね。

その他にも、紙パック式の古い掃除機だったので排気が酷くて、子どもたちに良くないホコリをまき散らしていることが気になったり、掃除機を見ると「自分がかけたい」と奪いに来る子どもたちに邪魔されて、気持ちよく掃除機をかけられていませんでした。

なので、「掃除できてない(><)」とは、いつも思っていたことなんですよね。




今は子どもが3人の我が家ですが、下の子はこの春から幼稚園年中児として毎日通園しています。

抱っこやおんぶもほとんどねだらなくなったし、夜中起きることもなくなったので、私の体力的にもずいぶん楽になったなあと実感します。


子どもが小さくて、もう夢中で日々のあれこれを何とかこなしている最中は、自分が特別大変なわけではなくて、みんなこんなものだろうと思っていました。

でも今振り返ると、小さい子を持つお母さんの子育てって、ホント大変です。

特にまだ未就園だと一日中子どもと一緒。その子がまだ授乳していたり、夜泣きをしたり、添い寝やオムツ交換やトイレの付き添いが必要だったりすると、お母さんはひとりでゆっくり休める時間もなかなか持てませんよね。


あの頃はいつも疲れていたよな~(遠い目・・・)。

子どもを寝かし付けながら自分も眠ってしまっても身体は休まらず、起きた時もまだ疲れているって感じ(><)


そんな状況だった私でも、子どもたちがちょっと大きくなってきた今は、一応毎日掃除ができてるのだから、単なるズボラってだけではなくて、やっぱり子育てママって大変なんですよっ。


あ、ついでに言うと、昨年、掃除機が壊れたので新しく排気がきれい&本体が軽いタイプのものに買い替えたのも、掃除機をかける頻度にかなり影響しているとは思います(^^)

あとはやっぱり、断捨離に意識を向けることもとっても大事。モノが減った方が掃除もしやすいですからね☆


よーし、もっと掃除しやすい家にするために、断捨離頑張るぞ~(^▽^)/


<広告>
<広告>

コメントを残す




CAPTCHA