<広告>

<広告>

授業参観後の懇談会で話題になった、「うちの子、片付けできないの(><)」

先週、小学校の授業参観がありました。

平日の午後の授業で、その後、懇談会もありましたが、その時の2年生の方で、1人のお母さんから「うちの子、片付けができない。」という話題が出てきました。


すると、「うちも。」「うちも。」と、同じように困っているご家庭が。

・・・と言っても、30名近くいるクラスで、懇談会に残っている方は10名もいませんでしたので、実際にはどのくらいの割合で2年生が片付けできないか、というのはわかりませんけれどね。


お好きなバナーをクリックして、応援してもらえたら感激です☆
にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

レゴブロック

今回の参観・懇談は、低学年・中学年・高学年で日にちが違っていたのと、うちの下の子の幼稚園の、お迎え時間についての問題をクリアできたこともあって、ゆっくりじっくり参加することができました(^^)

4年生の方の懇談は、主に先生が学校での子どもたちの様子や、学習内容について、今後の課題などを話し、おまけとして写真を編集したものをテレビ上映してくれました。


そして、2年生の方は、先生が大まかな子どもたちの様子を話した後、お母さん方の話を引き出して、進めていました。

懇談の進め方は先生によっても違うでしょうし、参加してるお母さん方の人数によってや、学年の違いにもよるのでしょうね。

4年生の方は20名くらいですが、2年生の方は6名ほどの参加。

内容も、4年生は学習のこと、2年生は生活面のことが特に話題に上がっていました。




そして、題名に書いた「片付けできない」という話題。うちもそうだな~と思いながら聞いていました。

そもそも親(わたし)が片付け下手ですからね(*^^*;)

片付けの仕方も、どこかで身に付けなくては自然にできるようになるわけではありませんよね。


お母さん方の中で、「片付けなさいと言ってもできない。」とか、「(外出や就寝などの)時間になっても片付けない。」とか、いくつか出ていました。

そんな中であるお母さんが、「うちは保育園で身についたかも~。」と話していました。

保育園は“家庭に変わって保育する”場所なので、しつけの要素も多く、片付ける場所がきちんと決まっていて、時間もしっかり決められています。


きっと家庭でもそんなふうに、上手に片付ける習慣を作れていれば、自然と身につくのかもしれませんね。

片付け上手なお母さんだったら、片付いている気持ちの良い空間を常に感じさせてあげたり、家庭でもきちんと物を置く場所を設定して、片付けやすくなっていたりするのでしょうねぇ~。


まあでも、年齢やきょうだいの有無とかも関係あるかもしれませんし、その子の性格や性質もありますよね。

うちも上の子は、1つの宿題をするだけでも、カバンの中のもの全部出して床に広げっぱなし。真ん中の子は、必要なものだけ机に出す。これってきっと性格ですよね。


ま、とにかく、私も頑張って片付け上手、掃除上手になりたいです☆

他のご家庭でも、子どもたちにもそうなってもらいたいと思うからこそ、懇談でこんな話題が出たんだな~なんて思いました^^

<広告>
<広告>

コメントを残す




CAPTCHA