<広告>

<広告>

ミニマリストになるにも時期がある?憧れてもなりきれない理由とは

モノを減らしたいという気持ちとは、相容れない部分となってしまいますが、必要性を感じて自転車を購入することにしました。

こういうところ、ミニマリストを目指しても、なりきれないだろうな~と思っちゃいます(^^;)

特に、子どもがいることで増えるもの。時期的なものってありますよね。


例えば、子どもが部活や習い事などを始めたとしたら、そのためのモノが増えます。仮にサッカーだったら、サッカーボールやスパイク、練習着、ユニフォームなど。

ピアノだったら、もしも自分が使わなくても、練習のためにピアノが必要になってきます。アコースティックピアノとまでいかなくても、電子ピアノとか。

クリックで応援してね☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ 

一輪

「ミニマリストだからものは増やさない」となってしまうと、子どものやりたいことを我慢させることになってしまうのかな。


子どもが小さいうちに、家族で楽しみ、家族の思い出が作れるものの一つとして、“キャンプ”とか“バーベキュー”なんかもありますね。

炭火焼きなんて普段の台所用品で代用できるほどでもなく、バーベキューをしたければ、そのための道具を買わなければなりません。それか借りるか。

ミニマリスト的考えだと、借りるということになるのかもしれませんが、買うより借りる方が高くついたりします。


そう考えると、ミニマリストって、ある程度お金に余裕がないとできないのでは??と思っちゃったりします。

「欲しいのに買えない」ため、あまりモノがないのと、「買えるけど持たない」ことでモノがないのとは違いますよね~。


私がミニマリストを目指すのは、子どもが大きくなって、巣立ってからの方がすんなりいくのかな~?。

今はまだ、ミニマリストに憧れる、ほんのりミニマリストになりたい人といった感じ?(笑)

応援ありがとう♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ 

<広告>
<広告>

コメントを残す




CAPTCHA