<広告>

<広告>

『重曹&クエン酸を使った掃除法』を学習して、年末の大掃除に活かそう

12月に入るとあっという間に月日は流れていきます。既に大掃除を始めている方もいらっしゃるかもしれませんね。

今日は、住環境アドバイザーの方が教えてくれる、2時間ほどの学習会に参加してきました。

内容は、『重曹&クエン酸』を活用した、掃除法についてです。

重曹クエン酸はうちにもあることはあるのですが、ほとんど使えていなかったので、今回の話を聞いて、使ってみたくなりましたよ(^^)

☆☆☆お好きなバナーをクリックして、応援してもらえたら感激です☆☆☆
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

お好きなバナーをクリックして、
応援してもらえたら感激です☆

にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

重曹スプレー

先日、有益微生物の洗剤の記事も書きましたが(⇒『私が台所のシンク・ガスレンジ回りをキレイにできている理由。大掃除にも使える♪』)、ちょっとお高めですので、もっと費用を抑えて安全性の高いお掃除をしたい場合は、重曹・クエン酸を活用するとよいですね(^^)

重曹水・クエン酸水・重曹クレンザーの作り方

重曹・クエン酸の特徴や、暮らしのいろんな場面で使えるというお話をまず聞きましたが、もうすぐ年末大掃除なので、今回は掃除に関する部分を書いておきたいと思います(^^)

重曹もクエン酸も安全性の高いエコ洗剤と言えます。赤ちゃんやペットのいる家庭にも安心ですね。

まず、重曹水、クエン酸水、重曹クレンザーの作り方です。

<重曹水の作り方>

ぬるま湯(200ml)に、重曹(大さじ1)を溶かします。スプレー容器に入れておくと使いやすい。

<クエン酸水の作り方>

ぬるま湯(200ml)に、クエン酸(小さじ1)を溶かします。こちらもスプレー容器に入れておくと便利です。

<重曹クレンザーの作り方>

重曹とホウ砂、食塩を同量混ぜ合わせます。タッパなどの容器に入れておくといいですね。

掃除に活用しよう。重曹・クエン酸

◆油汚れに

グリルなどのベタベタした油汚れを落とすには、重曹クレンザークエン酸を使います。
※初めに、ドライヤーの熱風を2~3分くらい当てて油汚れを浮かせると良く落ちます。

  1. 重曹を固めのペースト状にしたものを塗り、その上からクエン酸水をスプレーしてすぐにラップで覆い、15分くらい置いておきます。
  2. その後、ステンレスたわしでこするとキレイになります。
◆鏡のくもりとりに
  1. 鏡に重曹を振りかけ、そこにクエン酸水をスプレーして塗り広げ、しばらく(15分くらい)置きます。
  2. 水で流してからタオルで乾拭きをする。

※ビニール製カーペットの油性マジックあとや、湯のみに付いた茶渋なんかもこれでキレイに落ちます♪

◆カーペットの汚れに
  1. ケチャップやソースなどをカーペットに付けてしまった時は、ティッシュやキッチンペーパーでつまむように取ります。こすらないように。
  2. ティッシュまたはキッチンペーパーを汚れの上に置いて叩くようにし、汚れが付かなくなるまで繰り返します。
  3. 汚れが隠れるくらいの重曹を振りかけて、クエン酸をスプレーします。
  4. 再びティッシュかキッチンペーパーを置いて叩き、汚れが付かなくなるまで繰り返します。
  5. ぞうきんで持ち上げるような感じで拭いた後、古歯ブラシで毛を立たせるようにしながらドライヤーで乾かします。
◆畳にできたカビに

タオルにクエン酸水をアクリルたわしにスプレーして、カビをこすります。
畳の水分はタオル等で拭き、ドライヤーで乾かしておくと安心。

◆窓ガラス拭き、網戸に

タオルにクエン酸水をスプレーして、窓ガラスや網戸を拭きます。専用のクリーナーを買わなくてもOK☆

重曹、クエン酸を使わない方がよいものは

◆重曹を使わない方がよいもの

アルミ、皮製品、畳、漆器(うるしはOK)、白木です。

◆クエン酸を使わない方がよいもの

鉄、人工大理石です。


重曹とクエン酸は、使わない方が良いものはチェックが必要ですが、家の中の様々な場所で大活躍します。

使い分けたり、一緒に使って効果アップしたり。掃除後の重曹水なども排水に流すだけで、排水口もキレイにするし微生物に影響がないので一石二鳥。安心して使えますよ(^^)

ぜひぜひ活用してみてくださいね♪

<広告>
<広告>

コメントを残す




CAPTCHA