<広告>

<広告>

忘れた頃にやってくる(?)学校に行きたくない日。本日の欠席理由は・・・

しばらく順調だったのですが・・・今日は久々に、ハル(小2)が学校に行きたくなくなりました。

ハルはいつも、はっきり「行きたくない。」とは言わず、体調の方に何やら理由を付けて準備が進まなくなるのですが、今日のハルが主張した理由はなんだったと思いますか?

学校は簡単に休むものじゃない!と思っていれば、「そんな欠席理由、ありなの?!」と、呆れてしまうかもしれませんが・・・

☆☆☆お好きなバナーをクリックして、応援してもらえたら感激です☆☆☆
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

お好きなバナーをクリックして、
応援してもらえたら感激です☆

にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

仲間

ハルの欠席理由。それは・・・

学校を遅刻したり欠席したりする時って、理由を言いますよね。

担任の先生に直接伝えられるなら、ちょっと面倒な内容であってもわかってもらっていた方がいいので、まあまあ詳しく話すんです。

でも、だいたいは代表の先生が電話に出て、担任の先生に伝えてもらうことになるので(先生は、教室にいる時間の方が多いですし)、そんな時はそれなりの理由だけ伝えるんですよね。

で、今日のハルの遅刻理由は・・・「歯が痛いから。」でした。

しかも、「虫歯で歯が痛いから、歯科に行きます。」と言うのではなく、「歯が抜けそうな状態で、朝ごはんを食べて痛がって準備が進まなかったから、遅れます。」というもの。

この理由、確かに最初は本当にそうだったんです。

「歯が痛い。痛い。」と言って半泣きで、なかなか学校へ行く準備が進まない状態でした。ヒロの幼稚園バスの時間もあるので、急いで学校に電話を入れたのですが、ちょっと怪しいなと思いながらも、この理由を伝えました。

その時対応してくれた先生は、特に「え?そんな理由で?!」と思っている様子もなく、多分そのまま担任の先生に伝えてくれたのだと思います。

ただ、うちの子たち(アオも、ハルも)が学校にスムーズに行けなかったりしてよく遅刻や欠席の電話を入れていたため、その先生はだいたい事情がわかって、冷静なのかもしれませんけど。

学校を休みたかった、本当の理由は・・・

さて、ヒロをバスに乗せて、家に戻ってきてから聞き出した本当の理由。それは、やはり別にありました。

前に言っていたクラスメイトとの関係ではなく、また別な子との関わりによるものでした。でも、以前のは本当に嫌な思いをしていたようなのですけど、今回は嫌なことをされているというよりは、むしろ好かれているのでは?と思うようなことでした。

関連記事
⇒『再び不調の2年生。不登校(気味)の子どもを持って、母の気持ちを想う。
⇒『2番目の子にも、心の危機が訪れた?学校を一日お休みして休息。

不登校シリーズ記事はこちらもご覧ください。
⇒『転校により、小学校の不登校なりかけ?記事特集

ハルのことを気に入っているからなんだろうなと思えるようなこと。・・・でも、ハルにとってはそれは迷惑なんでしょう。嫌なことをされていると感じてしまっているのだから、しょうがない。

話を聞いて、「◯◯なんじゃない?」」と私が感じたことは話してみましたが、それくらいじゃ納得いかないですよね。そしてこういう時はまず、子どもの気持ちを受け入れることを優先にしないと・・・ですよね。

その話をしている間は涙ぐんでいたハルでした。自分の気持ちを友達や先生に伝えられないから、我慢してしまったり自分の中にためてしまうんでしょう。

それがたまってたまって、学校に行きたくなくなってしまう。

これは繰り返しながらも、慣れていくしかない。転校して環境が激変した影響を受け、かわいそうなところではありますが。。


学校には遅刻の連絡は入れていたけれど、結局はお休みすることになってしまったので、もう一度連絡をしておきました。そしてその後、夕方には担任の先生も電話をくれて、話をしました。

先生も理解を示してくれるので、私も少し気が楽になります。

話の最後に、「きっといつか、こんなこともあったよね。と言えるくらいに成長できますよ。」と。ほんと、そうなってくれたらいいなと思います。

<広告>
<広告>

コメントを残す




CAPTCHA